情報セキュリティへの取り組み

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証取得により、情報資産の管理を徹底しています。

イメージ社内で取り扱うあらゆる情報が重要な資産であることを全ての役員、従業員が認識し、情報漏えいなどの事故等を起こさないために、HS情報システムズでは、「情報セキュリティ基本理念」を定めるとともに、「情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)ISO/IEC &JIS Q 27001:2014」の認証を取得し、お客様からお預かりした重要な情報資産をあらゆる脅威から保護し、厳正に管理、運用し、高品質で安全性、信頼性の高いサービスを提供しています。

情報セキュリティ基本理念

2004年7月
株式会社HS情報システムズ

情報資産は当社にとって最も重要な経営資源です。
お客様から預かったシステムやデータ等には外部に漏洩することの許されない重要な個人情報も含まれています。当社の業務の特性上、機密性の高い情報を取り扱っており、情報資産をあらゆる脅威から保護し、適正な管理、運用を確保することが求められます。

高品質で安全性、信頼性の高いサービスをお客様に提供していくためには、これらの情報資産を社内外の様々な脅威から保護するために、全社的な意思統一を図り、情報セキュリティ対策の遵守を徹底していくことが重要です。

すべての役員および社員等が当社の情報セキュリティの基本理念を正しく理解し、遵守し、日々の業務の中で運用していくために、「情報セキュリティ基本方針」を制定し、情報資産の保護に最大限の配慮をしつつ企業活動を展開していきます。

情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)

お客様からお預かりした重要な情報資産をあらゆる脅威から保護し、厳正に管理、運用し、高品質で安全性、信頼性の高いサービスを提供するために、「情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)ISO/IEC & JIS Q 27001:2014」の認証を取得しています。

認証機関

一般財団法人 日本品質保証機構

認証登録番号

JQA-IM1122

適用規格

JIS Q 27001:2014

適用範囲

顧客要求事項に基づくシステムの開発・保守及び運用管理業務

ページの先頭へ戻る